名胡桃城址(県指定史跡)
〒379-1314
群馬県利根郡みなかみ町下津3462-2
TEL.0278-62-0793
  • 駐車場有
  • 大型バス可
マイ旅リストに追加
名胡桃城は室町時代に沼田氏の一族といわれる名胡桃氏が館を築いたのが始まりと言われています。その後天正6年 上杉謙信急死の後、真田昌幸が名胡桃館を攻略し、沼田城を手中にする前線基地として名胡桃城を築いたのです。
利根川と赤谷川の合流近く、三方が絶壁となっている天然の要塞に作られた山城です。豊臣秀吉の天下統一の発端となる小田原の北条征伐のきっかけになった城として歴史の上でも有名です。現在でも本郭、二の郭などが原型をとどめています。
本郭中央に建立された石碑

20160609-s-nagurumi_top.jpg
20160329-s-nagurumi_sub.jpg
平成27年に整備されました。

20160609-s-nagurmi_top3.jpg
ささ郭から沼田城址方面を望む

20160329-s-nagurumi_info.jpg
名胡桃城址案内所(09:00~16:00 年末年始は休みになります)
歴史ガイドが常駐しており、資料も充実しています。
ガイド時間(10:00~15:00 木曜定休 ※12月~3月は不定休 問い合わせください)

みなかみ町歴史ガイドの会のページはこちらから

※後閑駅からの地図はこちらです。
null